知らず識らずのうちに運動不足が解消→AppleWatchに励まされながら運動習慣が身につく。

2018年9月17日に予約して今日が10月22日。
午前中に待ち焦がれたAppleWatchSeries4がようやく届く。

予約日初日に「一旦見送り」という判断ミスをしたため納品まで約一ヶ月かかる。

購入したAppleWatchSeries4は・・・

・ GPSモデル
・ size44mm
・ ゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツループ
・ 価格は52,704円(税込)

40mmと44mmのApple Watch Series 4は、携帯電話通信機能とGPSを内蔵しています。アルミニウムとステンレススチールの仕上げから選べます。オンラインで購入すると送料無料でお届けします。

このタイプのバンドは初めてですが、すこぶる軽くて着け心地が良い。

ApplePayにどうしてもクレカが登録出来ず(Suicaは出来た)「カード会社へ問い合わせ下さい」というメッセージが出てくるので完全なデータ載せ替えは明日以降に。

ということで初日はさっそくプールに行ってきました!
(わたしは新品でも気にしないタイプ)

Series3は購入して3ヶ月ちょっとでしたが、

・週4、5回のプール
・温泉
・サウナ
・砂浜遊び
・海でシュノーケル

と、いたるところで身につけ使用しましたがキズなし、トラブルなしと頑丈でした。
無論、Series4もプールで水中に入れても問題なし。

買ったばかりなのでSeries3との比較はまた別の機会に。

運動習慣が身につくまでの軌跡

運動習慣を身に付けるためには正直、AppleWatchでなくてもスマートウォッチならどれでも良い、といいたいところですが明らかに「運動」だけが目的だったとすると僕はそもそもスマートウォッチを購入することはなかったでしょう。

あくまで「仕事で使う」がAppleWatchの購入動機でして「運動」はその延長線上にありました。

仕事で使っている様子はこちらの記事

AppleWatchを使い始めて3週間と少し。 徐々に慣れてきました。 あんなに腕時計が苦手だったのに・・・。 苦手だった...

ただ、AppleWatchに標準で装備されている
「アクティビティ」アプリが勝手に一日の動きを記録していく・・・
ほんと勝手に。(目標値等の初期設定は行う)

するとうまいことその気にさせるメッセージが送られ、ついつい指示に従い、小走りになったり、エレベーターやエスカレータを使わず歩いたり(旅行中、空港でもスーツケースを持って階段を歩くクセがつく)、目標に届かないと無性に悔しかったり。

登録されている項目はこの3つ

・ムーブ → 一日の消費カロリー

・エクササイズ → 一日の運動量

・スタンド → 一時間あたり一分以上立っているか、動いているかをカウント
(座り続けて仕事をするなよ!とずっと座り続けていると毎時間50分にWatchからお知らせが届く機能もあります。決算など集中していると、これが意外と難しいんですよねー)

そしてこれはAppleWatch(3)を購入し数カ月後、ある日のわたしのデータ

朝に軽くジョギング、
昼にプール、
夜は家の中でウォーキング(下の階が別荘なので不在を確認したうえで)

ガッツリ運動した!
というわけではないですがこまめに動くだけでここまでカウントされます。

最初は全然伸びないです(ムーブ、エクササイズ)
振り返れば6月26日に購入し、6月28日に初期情報を入れた模様(忘れています)

上記3つの項目の目標が全然達成していないことが分かります。
特に月の後半、仕事の外回りが続くとダメダメ・・・

その後6月決算を集中して終えた、
8月17日あたりから徐々に変化が見えます。

そして8月29日から本日まで目標を連続達成中。

誰も褒めてくれませんが、
AppleWatchだけは「オメデトウ」のメッセージと、
各種バッジを贈ってきてくれます。

だから・・・寂しくなんかないっ!

Thank you AppleWatch ♪

-おまけ-

AppleWatch、ワークアウトというアプリの中にプールスイミングという項目があります。
(独学なので下手くそですが)色々な泳ぎ方をしてみても認識してくれます。意地悪して水中ウォーキングをしてみると「混合」や「背泳ぎ」(の一部)になっていましたが。

今後もどこまで賢いかチェックする遊びが続きそう。
(AppleWatchでもスクリーンショットが撮れます)