西表、バラス島でウミガメと一緒に泳いだ後は鳩間島からサンセット!


いい大人になっても

いくつになっても

太陽燦々、輝く沖縄の海に出てしまえば

自ずとテンションは上がります

仕事大好きひふみ税理士、ですが

このときばかりは何も考えません

今年も『晴れ男』継続中!

西表からバラス島へシュノーケルに行くならばレイリーフ!

さて、西表へ来たならばやっぱり海で遊ばないといけません。

ダイビングで潜ったことも過去に2回あるのですが、
ちゃんと耳抜きをしても鼻血が止まらず、
頭痛も激しくなり(蓄膿症です)
僕はダイビングをパスしています。
世界でも有数のスポットなので本当は潜りたいのですけど。

その代わり西表に訪れた際、数回に一度お願いしているのが、こちら!
バラス島へのシュノーケリングを専門に行うレイリーフさん

オーナーは僕が西表で働いていた1年間で出会った
数少ない同い歳のひとり、川満学(かわみつまなぶ)さん。

彼は島で育ち、当時は大手ダイビングショップで働いていま
したが数年前に独立、奥様と二人で切り盛りしています。
(海に出るのが彼、予約取りまとめ、デイコースのご飯作りが奥様)

ですからリゾートアルバイト感覚のお兄ちゃんナビとは
本気度がちょっと(いや、まったく)違います。

島には多くの業者がありますがシュノーケリングの場合、
西表島ではこのレイリーフ一択で間違いないです。

それでは海へ!

の、前に。
こちら本当のメインコースは
9時スタート、16時解散のコース。
とにかくサンゴや熱帯魚がカラフル♪

ですが、大人だけのグループの場合、
夏の暑さ、日差しに参っちゃうもの・・・。
女性は日焼けも気になりますし。

そこで、
太陽も沈みかかる17時スタートの

サンセットシュノーケリングコースの出番です。

まずは、

① 上原港(西部)で17時集合。水着で行きます!(船内でも着替え可能)

② 船に乗り込みバラス島へ向かい、周辺で①回目のシュノーケル

③ 場所を変え③の辺りで2回目のシュノーケル

④ 鳩間島へ渡り、港でサンセットを眺めます。


まずは上原港より出発です!
時刻は17時ですがまだまだ太陽燦々。
日焼けします。


何度もいいます。
この太陽でまだ17時!


そして数分でバラス島へ到着

このバラス島、サンゴの死骸で出来ているため、
台風の度に姿形を変えていきます。近年はだいぶ低く
なってしまい干潮時でもその姿を現すことが減ったとか。
今回も干潮に近い時間で写真の通り。

う〜〜ん、ほんとに良い天気。
ドローンも飛ばしたくなります。

ウミガメに出会う!

さぁ、それでは②のシュノーケリングスポットへ行きます。
※バラス島からは潜りません。

・運が良ければ
・日頃の行いが良ければ

『ウミガメに出会えるかも知れませんよ』

と、オーナーが優しく説明してくれる。

それならば!
よっしゃ!

メンバーは意気揚々、海の中へ

どこにいるかなぁ〜

なんて思う間もなく潜ってすぐ目の前にウミガメはっけ〜〜ん!!!
これ、テレビだったら絶対ヤラセじゃない?と言われるレベル笑
でも本当に遭遇したのだから凄いもの。

しかもラッキーは重なり今回のカメちゃんは
お腹が空いていたご様子で僕たちが近寄っても逃げることせず。
なんてサービス精神旺盛なカメちゃんでしょ。

優雅に泳いでおりました。

逃げちゃうかなぁと思いきや海面に着きもぐもぐタイム

そぉ〜と近づきます。
ここまで寄っても逃げ出しません。
というかバッチリポーズをありがとう!

そしてカクレクマノミも発見〜

※余談ですが、
ニモちゃんはカクレクマノミではなく、
正式には『クラウンアネモネフィッシュ』といって若干、柄が違うそうですね。
まぁ何度見ても見分けつかないし、チビちゃんたちにあえて説明するのもなんですけど汗
映画の吹き替えよ〜

で、カメちゃんポイントのあとは、
更に鳩間島の近くへ寄って③のポイントへ
今度は枝サンゴからテーブルサンゴが多く見えてきます。
水深もそれなりに。

鳩間島からみるサンセットは格別!

2本潜って18時30分頃。
さすがに肌寒くなってきます。

が、このレイリーフの船にはシャワー(お湯出ます)も
付いていますので鳩間島への移動中にサッと塩水を流します。
(上原港へ戻ったら船内で着替えも可能です、ご安心を)

港へ、といいましたが正確には鳩間島、港の防波堤へ
ここなら夕陽を遮るものがありません。


あとは日の入りを待ちます。
この日は19時。

チビちゃんたちもワクワク、ワクワク♪

夕陽が日本で一番大きく見える島なのです、はい。

わずか数分ごとに雲の色は変わり・・・

太陽はあっという間に沈んでいきます

もう言葉はいりません

どうか明日も晴れますように!

Special thanks〜レイリーフ

今回お世話になったのがレイリーフさん

レイリーフは沖縄西表島のシュノーケリング(スノーケリング)・ツアーのマリンサービスです。レンタル器材は充実!水着だけでOKです。西表で生まれ育ったプロのダイビングインストラクターが、楽しく安全に、サンゴの豊かな透明な海へ、ご案内いたします。

島育ち、オーナーの川満 学さんが直々に海を案内してくれます。

・船内で着替えも出来る(西表では出来ないところ多いです)
・ホテルまで送迎も可能
・夕陽、水中、バンバン写真撮ってくれます。今回の記事中、彼に撮って頂いた写真多数。
ツアー最後にiPhoneを持っている場合、AirDropで簡単に写真を送ってもらえます。

思い出づくりにオススメです!

さぁ、海で遊んだあとは、『山』と『川』で遊びましょう!

レイリーフさん、
ありがとうございました。

そして、次は『山』と『川』でも楽しめる西表島をご案内!

『山』と『川』で思いっきり遊んだ記事はこちら
もう、読んでしまったら西表島へ行くしかないです、ご注意下さい!

晴天に恵まれすぎっ 旅好きメンバーと西表島ピナイサーラの滝壺にて 西表島は『海』、『山』、『川』と大...

西表島への行き方はこちらです笑

西表島の山羊は優しくレンタカーの僕らをみるとちゃんと道をあけてくれます。(本当) 昨晩、沖縄本島へ戻り今日は税理士...

からの、

石垣島離島ターミナル、西表島行きのフェリー乗船前 生活物資も一緒に運んでいきます。 自身の物資がある場合、みなで協力して搬入・搬...

決して竹富町の回し者ではありません笑